読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重量感

電波に乗って届く声を辿りたい
頭の中で響くそれを何度も繰り返して笑うことも、少しだけ

結局私に起こることのほとんどが私次第であることにとっくの昔に気付いてる
思いっきり他人や物や時間のせいにしたりしてきたけど
バレバレな嘘もついたし、苦しい言い訳もした
それっぽく且つ私がちゃんと守られるように上手に嘘をつけたこともある
本当は今だってそんな嘘をついてる途中



たまに寂しい夜、真っ暗な部屋でロウソクに火を灯してる
息を吹きかけただけで消えてしまう姿を見ては
私もそうだったらいいのにと何度思ったんだろう
あと何回この夜を越えたら、と