読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しぼんだ風船の空気を吸ってみよ

何も起きないし何も起こせない
退屈だけど安全で守られてると思ってた
自分が目を瞑ってしまうと不安が纏わり付いて突然泣き出したりするようなつまらなくてくだらない毎日を送り
綺麗な円を描くことも出来ず
見もしないテレビつけながら床に落ちてる埃を拾い集めて
聞こえてくる笑い声につられて少し笑ったりする
週に一度会える人だけが心の拠り所で
みっともなくて情けない私を笑うでも叱るでもなく
小声でしんどいと溢せばやさしく包み込んでくれる腕と声に安心して
もう大丈夫かもしれないって普通に笑えるのに
二日も経てばまた不安は大きくなって綺麗な円は描けない
数ヶ月前まであんなに上手く歩けていたのに歩き方を忘れてる
いつかの写真に写る自分の笑顔に目が向けられない
痛い子だからごめんねって鏡越しに伝えたりする
相変わらずつまらない顔をしていてため息で一日を終えた次の日の朝、泣きながらお母さんにメールを打っていたりする
天然な母の空気が読めないスタンプでまた笑えたりする